妊活を知ろう

排卵日 妊娠

パートナーと妊活

監修:石原 理(いしはら おさむ)
埼玉医科大学 産科婦人科学教室 教授(婦人科・生殖医療担当診療部長)/埼玉医科大学総合医療センター 教授

Contents

1.妊活に大切なのは、2人で力をあわせること。

妊活には、女性の心がけだけでなく、パートナーの協力が不可欠です。意外と知られていませんが、不妊の原因は男性にある場合も多くあります。
男性不妊の場合は、約9割が精子をうまくつくれない造精機能障害で、ストレスや飲酒、喫煙、肥満、病気や薬が影響して起こることがあります。ストレスは、性欲の減退や精子数減少、精子の運動量低下などを引き起こします。喫煙は、精子の数の減少や質の低下、精子の運動量を下げます。お酒の飲み過ぎは、精子をつくる力を下げてしまいます。
男性も妊活の知識を身につけ、二人三脚で妊活に取り組んでいきましょう。

意外と知らない!? 男の妊活マメ知識

  • POINT 1精子は、熱に弱い!

    熱に弱い

    長時間、下半身を温めない方がベター。精子の数が減ったり、運動量が鈍ったりするおそれがあります。

    • やり過ぎ注意!
    • ・ノートPCを膝の上にのせての作業。
    • ・冬場、ポカポカの座席に座って電車通勤。
    • ・こたつや電気毛布。
    • ・熱いお風呂やサウナ。
  • POINT 2下半身を圧迫すると…

    下半身圧迫

    血行が悪くなり、体に十分な栄養が行き渡らないと、精巣機能に影響を与えるおそれがあります。締めつけ過ぎに気をつけて。

    • 見直そう!
    • ・自転車やバイクでの長時間通勤。
  • POINT 3運動と男性ホルモンの関係

    運動と男性ホルモンの関係

    運動は男性ホルモンの生成と関係があるといわれています。肥満予防のためにも、しっかり運動しましょう。

    • 見直そう!
    • ・運動は、面倒くさいという意識
      まずはウォーキングなど軽めの運動から。
      男性ホルモンの分泌を増やすとされる筋トレもおすすめ。
  • POINT 4禁欲で精子は劣化!?

    禁欲

    新鮮な精子は運動率が高く、禁欲期間が長くなると劣化し、働きが悪くなるといわれています。新鮮な精子をつくるためには、適度に放出しましょう。

2.夫婦で運動!一緒の時間を楽しみながら妊活

普段の生活で一緒にできる妊活のひとつが運動です。運動で女性は子宮や卵巣の働きが良くなり、男性は精子をつくる能力がアップすることが期待できます。
運動が苦手で「ちょっとハードルが高いな」と思うならば、エレベーターをやめて階段を使う、ひと駅前で降りて歩くなど、毎日ちょっとでも体を動かすことを心がけて。週末に2人でウォーキングするのもおすすめです。
体を動かすことが日常的になれば、三度の食事がおいしく食べられ、夜はぐっすり。生活リズムが整いやすくなり、妊娠しやすい体に近づいていきます。

ほしい!と思ったらハイテスターH